脂肪注入法はあまり長持ちしないところが難点です

自分の余分な脂肪をバストに移動するので、安全な豊胸手術の一つと言われています

バストアップクリームとエクササイズで最高の胸へ

多くの女性の胸を魅力的に変身させてきたその感動のバストアップ効果を体験してください。

自分の余分な脂肪を吸引することから始めるのが特徴

女優・モデルの間で話題騒然
脂肪注入法

大人気バストアップの脂肪注入法

人気が出てきている脂肪注入法です。
自分の余分な脂肪をバストに移動するので、安全な豊胸手術の一つと言われています。
まずは、自分の余分な脂肪を吸引することから始めます。
足やおなか、お尻、腕などから脂肪を吸引しましょう。
吸引箇所が増えれば増えるほど、バストに注入する脂肪の量は増えます。
ただし、無限に大きくできるというわけではなく、
だいたい1.5から2カップ程度に大きくバストアップすることができます。
手術を行う際に、全身麻酔は行わず局所麻酔を使います。
安全性が高いので、局所麻酔を使うようにしているというわけです。
しかも、こちらも日帰り手術が可能です。
吸引した脂肪は、「乳腺内」「乳腺周囲」「乳腺下」「筋層内」「大胸筋下」に注射していきます。
1か所にまとめて注入するのではなく、1か所につき1ccずつ注入していくのです。
注射器を使って慎重に注入していきます。
バストアップの形がきれいになるようにバランスよく注入することも重要です。
クリニックによっても注入する際の量は変わってきます。
少しずつ注入するクリニックを選んだほうが、より自然にバストアップすることができるでしょう。
多いところで、片方のバストに350ccまで注入することが可能です。

脂肪吸引できますから、余分な脂肪をバストに移動させられるので、
ほかの方法と比べても、よりスタイルアップできるバストアップ方法ということができます。
バストアップだけではなく、ダイエットにもつながります。
一度に脂肪吸引と豊胸手術と受けることになるので費用が高くなってしまうのが難点です。
余分なお肉を何とかしたいって思っていませんか。
その上、バストアップもしたいって思っているのなら、この方法が向いているかもしれません。

脂肪注入法の場合は、長持ちしないというデメリットがあります。
脂肪を注入する量を増やすことで、長持ちさせているというクリニックもあります。
また、より長持ちさせるためにACR血小板注入療法を行っていることもあるのです。
どうしても、脂肪注入法では、3か月から半年くらいの間で
半分くらい体に脂肪が吸収してしまうことがあります。
バストに脂肪を注入する際に、あらかじめ採取しておいた自分の血小板を
一緒に注入することで体に吸収しづらくするのです。
自分の脂肪を注入するという夢のような方法で、危険性もかなり低いので人気が高いのでしょう。
しかし、シリコンバッグを入れる方法と比べると長持ちさせることは難しいのが現状です。