産後のボディメイク術は努力と正しいやり方の知識から

生む前と生んだ後のボディーラインが変わったこと、元に戻すことが難しいことを実感しています

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

意識と努力で元の体に戻るための産後のケア

産後の体のメンテナンスで美しいママに

出産後の多くのママの悩みとして体重の増加とボディーラインの崩れがあります。
バストに関して言えば、妊娠中から授乳中は、これまでにないボリュームになって、本人も嬉しいと感じると思います。
しかしこのハリとボリュームは授乳が終わる時期には、元のサイズに戻ってしまいます。
中には妊娠前よりしぼんでしまったり、形が悪くなってしまうケースもあります。
体重は戻らないのに、バストは勝手に戻る、と悲しい思いをしている方もいるのではないでしょうか。
産後の気になるボディーラインやバストを整えるためのケアについて、考えていきましょう。

まず体重でいえば、出産後6ヶ月までが痩せやすい時期と言われています。
これは妊娠でついた脂肪は、普通の食べ過ぎや運動不足でついた脂肪より落ちやすい特徴があるためです。
しかし産後6ヶ月を過ぎると脂肪が定着しやすくなり、痩せにくくなってきます。
かといって産後直ぐにダイエットを始めてはいけません。

まずは産後の1ヶ月は安静にし、栄養バランスに配慮しながらしっかり食事をしましょう。
もっとも油ギトギトの高カロリーな食事やジャンクフードを食べることは、母乳にも影響しますから避けます。
自分の体や赤ちゃんにいい物をきちんと食べましょう。

1ヶ月健診が終わる頃から、多少の食事制限やエクササイズを採り入れたダイエットを始めていきます。
ただし、授乳中は極端な食事制限は禁物です。
成人女性に必要なカロリーに授乳のための600キロカロリーを加えたものを目安にしましょう。
短期間ではなく、1年程度かけて体重を落とすようにします。

また、エクササイズを始めるにあたっては骨盤ケアも行ってください。
出産時に開いた骨盤は通常1週間から10日で元に戻りますが、それが戻らないと体の歪みが生じ、
内臓下垂やバストの下垂や形の悪さに繋がって行きます。
骨盤を元の位置に戻すことで、体のバランスが調い、バストもピンと戻ってきます。

また妊娠中は動作が鈍くなったり運動不足で基礎代謝が落ちているので、
ウォーキングをはじめとする有酸素運動で筋力トレーニングを行いながら、
バストアップする効果のある肩甲骨や大胸筋のエクササイズもプラスしましょう。
そしてバストケアで最も大切なことは、実はブラジャーにあります。

重力によって下に下がろうとするバストを支える上で、サイズの合ったブラジャーを着けることが効果的なのです。
妊娠前から妊娠中、そして産後とバストの変化が大きいので面倒くさがらず、
その時に合うブラジャーを購入して正しく着用しましょう。