このケア方法を実践すればいつまでもきれいな胸に

産後の体にはそれに適したボディメイクが必要です。そこで詳しい内容を一挙公開!

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

子供を生んだは言い訳にならない!このケア方法でOK

産後には産後にベストの方法でケアしましょう

妊娠中から出産直後にかけては、女性ホルモンの働きや赤ちゃんに授乳させるために、
バストがグングン大きくなっていきます。

あれほど小さくて悩んでいたバストが嘘のようだと驚いたり、喜んだりする方もいるはずです。
少し前にスレンダーで綺麗な女優さんが妊娠した時、こんなに大きなバストは一生に一度しか経験できないと、
胸を大胆に出したドレスを着て記念撮影をしたというエピソードがありました。
つまりこの女優さんの話からも分かるように、妊娠によるバストアップは一時的なものということが
お分かりになると思います。
赤ちゃんが母乳を飲まない時期になれば、乳腺の活動が鈍くなっていき、バストが元のサイズへと戻ってしまいます。
さらにバストが垂れてしまったり、中には以前よりサイズダウンしてしまう人もいます。
赤ちゃんが母乳を飲んでくれたからといいたいところですが、
中には育児ストレスなどから女性ホルモンのバランスが乱れ、小さくしぼんでしまうという人もいるようです。
また産後はバストに限らず、体型が崩れやすいことから、その影響もあります。
バストはしぼんだけれど体重が増えたまま戻らない、
ウエストのクビレがなくなったなんて悩んでいる方もいることでしょう。
そこで緩んだ体型のケアと同時に、縮んだバストのケアを行っていきましょう。
まずは、開いてしまった骨盤を元に戻すことがポイントになります。
かつて農業などで足腰を鍛えていた時代には、骨盤が開いたまま戻らないなんて女性はいなかったようですが、
現代の女性には、出産で骨盤が開いたまま元に戻らない人が増えています。
骨盤が開いたままになると内臓が下垂してお腹がポッコリでたり、腸の動きが他の内臓に圧迫されて便秘になったり、
お尻が大きくなったりといいことがありません。
骨盤ベルトや骨盤エクササイズ、場合によっては産後でもできる整体などを利用して、骨盤の歪みを直しましょう。
バストアップについては、大胸筋と肩甲骨を鍛えてあげるのが効果的です。
育児で赤ちゃんを抱いたり、おんぶしたりしていると、肩凝りや背中の痛みも出てきますね。
それを解消するためにも、胸を張ったり、肩甲骨を伸ばしたり縮めたりの運動は効果的です。
そしてバストのハリを出すために、保湿ケアもしてあげましょう。
バストの保湿?と思われるかもしれませんが、バストも肌の一部です。
お肌のハリや弾力を保つためにスキンケアは欠かさないのに、バストは何もしない人が多いですね。
バストの保湿ケアは、バストが大きな時期から、赤ちゃんが離乳するまでの時期に行うのが、特に効果的です。
そして、大きさに合ったブラを付けることも大切です。
バストを支えてくれる下着のサイズが、小さくなっても緩々のブラでは形の崩れや下垂が防げなくなります。