産後の体験談でシュミレーションして備えよう

妊娠前と出産後の体の劇的な変化は初産の方は戸惑うものなので、事前に情報を収集しましょう

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

事前に聞いておけば未来に備えられる産後の体験談

聞いておくべき先輩の体験談

産後のバストケアは非常に大切です。
かくいう私も二人の子供を出産しており、その大切さを身にしみて実感しています。
まず妊娠中というのは女性ホルモンが大量に体内で作られていることから、バストが大きくなります。
普通の人でバストが1サイズ、2サイズ大きくなり、中には3サイズ大きくなるような方もいます。
女性の体が出産後に赤ちゃんに授乳させる準備をさせているのです。

そして赤ちゃんが生まれると1歳の誕生日ごろまでは大抵の方が授乳をしています。
5ヵ月あたりから離乳食が始まりますので、そのあたりから授乳回数や量は段々と減少していきます。
最近では母乳育児の重要性も言われていますので、1歳までとは限らず2歳をこえても授乳している人がいますが、
赤ちゃんの栄養面やミルクが口の中に残ると虫歯になりやすいという理由から1歳あたりをめどに
卒乳・断乳することが推奨されています。

するとお母さんのバストというのは、あっという間にしぼんでいくのです。
1、2サイズ大きくなったバストは元通りどころか、もっと貧乳になってしまう方がほとんどです。
それも一度大きくなったバストが急激に小さくなるので垂れてきます。
周囲の先輩ママさんから大変なことになるわよと言われていたけれども、
私は大丈夫だろうと根拠のない自信を持っていたのですが、さすがに垂れてきたときには私もあせりました。
そこで産後のバストケアをしなければと決意したのが下の子が卒乳をした1年後のことです。

本当は産後直後からバストケアするのがいいそうなのですが、私のように1年経過したり、
数年経過してもバストケア次第でバストは元にもどりますので、あきらめる必要はありません。

私がやって一番効果的だったのはお風呂の中でのバストアップマッサージです。
これは以前にテレビ番組で見たのですが、まず血流をよくするために脇のあたりのリンパをマッサージします。
その後で鎖骨あたりのリンパをマッサージしてさらに血流をよくします。
バストは両手で包みこむように揉んだり、左右にマッサージしたり、ほぐしていきます。
これを湯船の中で5分ぐらいすると少しずつバストに変化が見られるようになります。
今までは妊娠出産でのびきったバストの皮がたるんでいる状態だったのが、
乳腺がしっかりしてきたようなハリを感じることができるようになりました。
1年間毎日欠かさず続けたのですが、昔のバストとは比べ物にならないくらい大きくなりましたよ。

次に普段からつけるブラジャーにも気をつかいました。
まず、百貨店の下着売り場で自分のバストにあったものを選びます。
この時にはしっかりとバストの下部を支えられるワイヤーが入ったタイプのものを選びましょう。
これで垂れてくるバストを食い止めることができます。
そして、日中しかしなかったブラジャーを夜もして眠るようにしました。
24時間体制でバストケアをすることにしたのです。
ブラジャーの効果はマッサージに比べると目に見えてみえるようなものではありませんでしたが、
マッサージによってハリがでてきたバストを助けてくれる重要な役目をしていたように感じています。