アンチエイジングケアで崩れかけの胸をレスキュー

年には勝てないわ・・・なんていってる時間がもったいない。いつやるの?今でしょ!

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

即実行で同世代に差をつけるアンチエイジングケア

アンチエイジングで胸の老化を防ぐ

ブラのカップの上部に隙間ができた、浮いている感じがする、
これはバストの老化が始まっているだと知ったら皆さんはどうしますか。

加齢に伴うバストの変化は段階を踏んで訪れるのが普通ですが、まず若い頃のバストは丸みを帯び、
ピンと張って垂れていません。
これが早い人で20代後半、そして30代になると半数の人が次の段階に入っていき、
それが上胸のボリュームが落ちてくることです。
つまりブラカップの上の部分がスカスカしてくることが、この状態です。

そして40代の後半に差し掛かってくると、バストのラインが下がってきて、乳頭も下を向いてしまいます。
さらに50代に入ってくると、次第にバストが外に流れるようになり、バスト自体が下がってしまいます。
いったん段階を進んでしまうと、前の段階には戻らないと言われているので、
バストのアンチエイジングケアは早い段階で行い、次の段階に進む時期をなるべく食い止めるよう
対策を練ることが大切になります。

バストが老化する原因について、主なものを見て行きましょう。
まず、加齢に伴う女性ホルモンの分泌量やバランスの変化です。
乳腺の量が減ってきて、脂肪の割合が増えることにより、バスト全体が柔らかくなります。
柔らかくなるということはハリや弾力が減って、下に下がる可能性が増えるということを意味します。

また加齢により体内のコラーゲンやヒアルロン酸などの量も減少し、皮膚の弾力が失われてバストを支える力が
弱まることも、下垂を招く原因とされています。
また年を取るにつれ長年、重力やバストの揺れを支え続けてきたクーパー靭帯という胸の靭帯が緩んでしまい、
バストを支える力が緩まることも挙げられます。

バストのアンチエイジングを図る手段としてまず1つめは、年齢やバストの形に合ったブラジャーを身に着けることです。
同じB80といったサイズでも20代と40代では、ピッタリするブラジャーは異なるのです。
ブラジャーは単なる下着ではなく胸を支え形をキープするうえでも重要な役割を担っているので、きちんとあったブラジャーを選び、かつ正しい付け方をすることが大切です。
付けて小走りに体を揺らした時にバストが上下に揺れ動くようなブラジャーでは、バストを適切に支えられていません。
正しい選び方をランジェリー売場でアドバイスしてもらいましょう。
そして女性ホルモンの活力アップのために豆乳や豆腐、納豆などの大豆イソフラボンを食事に取り入れ、
抗酸化効果の高いビタミンEをたっぷり含んだアーモンドをオヤツ代わりにしてみましょう。
またバストのハリを持たせるため、保湿機能もあるバストアップクリームなどを塗って潤いと弾力をキープするのもオススメです。