バストケアを正しく理解して自慢の胸を手に入れる

毎日のちょっとした一手間でふかふかのマシュマロ胸を手に入れることができるんです

胸を大きくして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

手始めにあのバストケアクリームを使ってバストアップマッサージ

バストと月経の関係
バストと月経の関係

女性のカラダは一ヶ月の中で多様な変化を見せます。
生理前に胸が張り何となく気分が優れずに、カラダもダルかったりします。
では、なぜ生理前に胸が張り気分が優れないのでしょうか?
乳房と子宮には女性ホルモンに対する感受性があります。妊娠をしていないときでも乳房は女性ホルモンの影響を受けています。
女性の月経周期は平均28日を1周期として規則正しく繰り返しています。
子宮内膜の周期的な変化は、エストロゲンとプロゲステロンの二つの卵巣ホルモンの変動によってもたらされます。乳房の変化に最も影響を与えるのがプロゲステロンです。
普段はエストロゲンが多い女性のカラダですが、月経周期後半に向かうとプロゲステロンに支配されていきます。

プロゲステロンは、排卵後に分泌される女性ホルモンで、水分をカラダ中に貯蓄する性質があります。子宮内膜をやわらかく厚くし、受精卵が侵入するのを受け入れやすくします。
このプロゲステロンは乳腺にも作用します。乳房も水を貯蓄した状態になります。生理前に胸が張るのはプロゲステロンが水を貯蓄するからなのです。

妊娠をしていない場合、プロゲステロンは排卵後7日頃にピークを迎えて徐々に分泌が減少します。乳腺はその数日後に浮腫みのピークを迎えます。
子宮内膜はその貯蓄状態維持に限界が来るので、排卵後14日くらいで血液と一緒に体外に排出します。これが月経のメカニズムです。
乳腺は月経が始まる3~4日前から月経開始の頃までに最も大きくなり、月経の終了するころには元の大きさに戻ります。

生理前のバストが20%近く増量する女性もいるという文献もあります。
20%もバストアップすると普段のブラジャーも合いません。
下着のサイズを測りに行く場合は、自分の月経サイクルを把握してから正しい計測をして、生理前にバストアップしたサイズの状態を考慮しましょう。
閉経後は、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量が激減してしまうので、乳腺自体は萎縮して小さくなってしまいます。思春期から閉経まで、女性ホルモンと乳房には深い関係があるのです。