理想の形はバランスよくふっくらとした半球型

おわん型のバストは海外でも日本でも男女ともに人気のある憧れのシェイプ

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

自分のバストの形を知ることが美しさへの道

違って当然!バストの形は人それぞれ。

自分のバストはどのタイプ?理想のバストってどんな形?

バストは大きければいいというものではありません。
「おっぱいは大きさより形だ」と断言する男性もいるほど
女性特有の曲線は美しく、形の好みも様々な様子。

顔や手が人それぞれ違うように、胸も全く同じ人はいません。
今回は一般的に言われる6つのタイプに分けてみましょう。

1.皿型
いわゆるぺちゃぱい。
トップとアンダーの差がとても少なく、Aカップ未満。

2.おわん型
呼び名の通り、おわんを乗せたようなふっくらとした形。
半球型とも呼ばれ、底辺と高さが同じくらい。

3.三角型
横から見て三角に近い形。
デコルテにふくらみがなく、乳首が上向き気味なことが特徴。

4.ロケット型
底辺より高さがある、円錐型のロケットのような形。
海外の女性はこのタイプが多い。

5.釣鐘型
大きなバストで乳首の位置が下がっているしずくの形。
ケアを怠ると大きく垂れてしまう。

6.ヤギ型
ヤギの乳のように垂れてしまったバスト。
加齢などによってハリを失い、長さを感じる形。

世の男性に言わせれば、それぞれ魅力はあるようですが
やはり女性が憧れるのは、ふっくらとバランスの取れた「おわん型」です。
デコルテもセクシーで、洋服も綺麗に着こなせる形がこれでしょう。

しかし、大事なのは「おわん型」に見せることではありません。
もちろんバランスの良い形を目指してバストアップに取り組むのですが、
何よりも自分のバストの形を知り、それに合った下着を身につけることが大切です。