ファッションの障害になるグラマーなバスト

流行の服はどれも細身で、胸がパツパツになったり狙ってないのにいやらしく見えてしまう

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

チャームポイントの胸も活かしておしゃれを楽しむ

胸が大きいとファッションも自由に選べないんです。

Yシャツの胸元がキツい…
胸にあわせるとお腹まで出て見える…

スカートやパンツは7号やSサイズがぴったりなのに
ジャケットは大きめの9号やMサイズにしないとボタンが止まらない。
しかし、大きなサイズはウエストや腕がだぼっとしていて太って見えてしまいます。

伸縮性のある薄い生地のTシャツなども要注意です。
胸が強調されてしまい、なんだかいやらしく見えてしまうのです…
それがVネックだったとしたら、深い谷間まで強調されて前屈みにもなれません。
誰がどう見てもセクシーで、ビジネス向きではありませんね。

このように、バストが大きな女性は洋服のサイズ選びに悩まされています。
ビキニや胸元が開いたドレスでは自信が持てる大きな胸も、
ビジネスシーンや普段のファッションではなんとも深刻な障害と言えます。

スレンダーなファッションモデルは胸が大きすぎないからこそ、
様々なタイプのファッションを着こなすことができます。

では、胸が大きい方が洋服選びの際に気をつけているポイントをご紹介します。

・深めのUネックやVネックを避ける
・膨張色を避ける
・タートルネックのニットを避ける
・ゆったりしずぎるシルエットはNG
・前ボタンを避ける

・鎖骨を見せる
・フルカップのブラジャーで胸を小さく見せる
・スカートやパンツはスリムなものを選ぶ
・ウエストは適度にフィットするものを選ぶ
・縦ラインを強調する

また、巨乳タレントのファッションを参考にしたり
胸を小さく見せるブラジャーを着けたりといった努力をしているそうです。
チャームポイントであるグラマーなバストは、
シチュエーションに合わせたファッションでもっと魅力的に見せたいですね。