サイズ間違いが招く恐ろしい悲劇を回避するために

小さいからAカップだろう、とかAだとちょっときついからBかななんてどんぶり勘定はNGです

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

プロに測ってもらって正確なサイズを知りましょう

あなたは間違っていませんか?自分のバストサイズ

女性の皆さんは、自分のバストサイズを正しく把握しているでしょうか。
多分これくらいじゃないかという目安で、ブラジャーを購入している女性がとても多いです。
貧乳だから、下着売り場の店員にバストを測ってもらうのはちょっと恥ずかしいと思っていませんか。
正しいバストサイズを知るためにも店員さんに測ってもらいましょう。

自分で測ることもできるのですが、プロである店員に測ってもらえば、正しいバストサイズを知ることができます。
自分で測りたいということであれば、慎重にはかってください。

トップバストのサイズの測り方から注意点を頭に入れておきましょう。
トップバストとは乳首を通る位置のことで、一番バストが膨らんでいるところを正確に測ります。
姿見などの大きな鏡の前に立ち、床と水平になっているかどうかをよく確認してください。
バストが垂れてきていると感じているのであれば、バストをちょっと持ち上げて測りましょう。

次にアンダーバストを測り、バストのふくらみの下側を測りましょう。
もちろん、床と水平に測り、トップもアンダーもどちらも床と水平に測ることが大事なことなんです。
意外ときちんと水平になっていないことが多いので、鏡を見ながら測ったほうがいいでしょう。

トップとアンダーのサイズが正確にわかったら、ブラジャーサイズを割り出していきましょう。
カップのサイズは、トップバスト-アンダーバストで割り出しますが、この数値が、10センチ未満がAカップです。
10センチ以上12.5センチ未満の場合はBカップで、12.5センチ以上15センチ未満がCカップ、
15センチ以上17.5センチ未満がDカップになります。
17.5センチ以上20センチ未満ならEカップで、20センチ以上22.5センチ未満ならFカップとなります。
これ以上の方もこの方式で考えていくとカップサイズがわかるでしょう。

バストが小さいといってAカップにしていたけれど、測ってみたらBカップだったという女性は意外と多いんです。
自分のバストにピッタリなブラジャーでないとバストがつぶれてしまったりして、バストの形が崩れてしまいバストアップの妨げとなります。
バストの肉のはずが、背中や腕の肉になってしまうかもしれませんので、正しいバストサイズを測定しなくてはならないのです。
バストアップと正しいバストサイズはとても大事です。
美しいバスト、バストアップのためにも、自分のバストサイズを正確に測ってみてください。

ブラジャー選びで、バストアップができるだけではなく、バストを小さくしてしまうこともありますので、
自分の体型に合うブラジャーを着けましょう。