遺伝だからと諦めてはそこで試合終了ですよ

母親の胸が小さいから、自分も小さいんだ・・・なんて諦めたり、お母さんのせいにしてはいけません。

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

知っておくべき胸と遺伝子の因果関係を掘り下げます

遺伝だと諦めない!胸は大きくなれるんです

自分の母親のバストが小さめ、たから自分もバストが小さいんだろうって
あきらめてしまう女性もいるでしょう。

バストの大きさは遺伝だと思っているのかもしれませんが、必ずしも遺伝でバストの大きさが決まるとは限りません。
昔の女性と比べると、食べ物が欧米化していることもあってか、
女性のバストサイズの平均が大きくなってきているんです。
日本人だからと言って、必ずしも貧乳になるとは限りません。
自分の母親のバストが小さくたって、大きなバストになる可能性もあります。

バストが大きくなるには、乳腺脂肪体の量が多いかどうかで決まるので、
母親は少ないかもしれないけれど、自分は多いかもしれないというわけです。
むしろ、成長期に無理なダイエットをしてしまうほうが問題です。
せっかくバストが大きくなるチャンスを自分で潰してしまうことになってしまいます。
バストアップしたいと思うのであれば、成長期では無理なダイエットをしてはいけません。

また、食生活とバストの大きさは密接な関係があると言われています。
バスト内には乳腺が通っているのはもちろん、血管、リンパ管もとおっています。
たっぷり栄養が通るようにしたほうが、バストアップするというわけです。
だから、食生活とバストアップはとても密接な関係にあるといえます。
母親と同じ食事をしていると、自然とバストの大きさも
母親と同じサイズになってしまうということはあるかもしれません。
同じ家で生活しているので、生活習慣も似てくるでしょう。
そういう意味で母親とバストサイズが似てしまうということは十分考えられます。
しかし、これは食生活や生活習慣が似ているからバストも似てしまうというだけです。
遺伝とは関係ありません。
適度な運動をしたり、バランスよく食べることでバストアップできるでしょう。

また、女性ホルモンはゴールデンタイムという夜に分泌されますので、
夜10時から夜中2時の間に寝ていることが大事です。
バストアップしたいと思ったら、ゴールデンタイムに寝ましょう。
特に、成長期にゴールデンタイムに寝ていれば女性ホルモンがたくさん分泌されるので
バストも大きくなるかもしれません。
ストレスを感じやすい人もバストが小さくなる傾向がありますので、
ストレスをため込まないようにすることも心がけましょう。
母親のバストが小さいからと言って、自分も小さいとあきらめるのではなく、
生活習慣などを気を付けてバストアップしませんか。