エクササイズで筋肉を鍛えて理想のボディメイク

クリームマッサージに加えてこの運動で理想のバストを手に入れましょう!

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

肩甲骨のストレッチと大胸筋を鍛えるエクササイズ

筋肉アップとストレッチで美しく魅力的な胸を目指す

バストアップのためには、大胸筋と肩甲骨を鍛えるのがいいというのをご存知でしょうか。
ボディービルダーみたいなムキムキのバストにしたいわけじゃないと、言われてしまいそうですね。
私が欲しいのはふくよかで柔らかさのある、弾力のあるバストという声が聞こえてきそうです。
もちろん女性らしいバストを作るためにこそ、大胸筋と肩甲骨を鍛える必要があるのです。

バストは大胸筋によって支えられていますので、大胸筋が衰えるとバストを支えられなくなり垂れてしまいます。
バストアップして若々しい形をキープするには、大胸筋を衰えさせないことが不可欠なのです。
また肩甲骨は、バストを後ろから引っ張り上げる働きをしています。
肩甲骨を鍛えることで、ピンと張った美しいバストを作ることができるのです。
ではそのためのバストアップのエクササイズをご案内しましょう。

まずは大胸筋を鍛えるための、腕立て伏せですが、腕立て伏せといっても普通とは異なり、膝をつきます。
腕と腕の間は通常より広めに確保し、指先を内側に向けてハの字を作りましょう。
視線は前に向けたまま、息を吐きながら上体を床にゆっくり近づけて行きます。
このとき胸を開くようなイメージで、肩甲骨を寄せるようにしながら、ヒジを外側に開くようにします。
この状態で2~3秒キープしたら、今度は息を吸いながら上体を起こしていきます。
常に胸の筋肉を意識しながら行うことが大切です。
これを慣れないうちは5回を3セット、頑張れる人は10回を3セットすると理想的です。

次にオフィスで座りながらでもできる、肩甲骨のエクササイズをご紹介しましょう。
両手を頭の後ろで合わせます。
そのままの状態で手を下げます。
手が下がって行くにつれ、背筋が伸びて、胸が張るのを確認できるでしょうか。
この感じが意識できたらOKです。
この動きで、胸の筋肉を刺激してあげることができます。
続いて後ろで合わせた手を、そのまま頭上に持ち上げて、二の腕が伸びるのを感じるよう、 指先までしっかりと伸ばしましょう。
次に座っている両膝の間くらいまで、ゆっくりと下ろしてみましょう。
腕をおろす際は、一度中心に寄せた肩甲骨が左右に広がるイメージで行います。
休憩時間などに10回程度行えばOKです。
バストアップのための肩甲骨が鍛えられるだけでなく、 肩や背中、腕の周りの血行が促され、肩凝りも楽になります。
仕事の合間のエクササイズとしてもピッタリなうえ、バストアップ効果も期待できます。