メリットは人によってさまざまの手術のパターン

医療バッグ挿入やバストリフト方法など、豊胸の手術にはいろんな種類があります。

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

各手術の概要とメリット、デメリットを理解する

各手術法のメリットとデメリットを比較

真剣に手術を考えている人に知って欲しいこと
バストアップしたい場合に1つの方法として考えられるものに豊胸手術があります。
豊胸手術といっても様々な種類がありますが、それぞれのメリット・デメリットについて見てみましょう。

1つめの手術として医療バッグ挿入がありますが、豊胸手術の中でも最も多くの人が利用する方法です。
医療バッグ挿入のメリットとしては自然な感触に仕上がる、形の綺麗な理想の大きさにできる、 乳腺を傷つけないので将来子供に授乳させることが可能といったものがあります。
また取り外しが可能なので、やはり元に戻したいという場合にも対応できます。
医療バッグには生理食塩水、シリコン、バイオセルなど様々な種類があります。
バストの皮膚の厚さや大胸筋の発達具合、乳腺の量などに応じて
最も効果的にバストアップできる医療バッグを選ぶことが可能です。
医療バッグを挿入する手術の方法も複数あり、
医師の技術やバストの状態などに応じて使い分けがなされています。

乳腺下法は比較的大きなバストを更にバストアップさせたい方や、下垂を直したい方、
バイオセルバッグを挿入したい方に向いた方法です。
乳腺下法による挿入は感触がふっくらと非常に柔らかく、自然な仕上がりが期待できます。

大胸筋下法はバストが小さくて悩んでいる方、皮膚が薄い方、生理食塩水を入れたい方向けの方法です。
高度な医師の技術が要求されるため、施術ができないドクターやクリニックもあるかもしれません。
また大胸筋膜下法は、乳腺下法に比べてより自然な仕上がりが期待できます。
デメリットとしてはドクターの技術やその人によっては、術後に痛みを感じる場合があることと、
術後にマッサージをする必要があることです。
マッサージが面倒な方や時間がないという方は、
テクスチャータイプの医療バッグを挿入することでマッサージの負担を軽減することも可能です。

次にバストリフト術を見てみましょう。
バストリフト術は乳頭周りのたるんだ皮膚や余分な皮膚を切除し、乳頭と乳輪を上に移動させることで、
バストアップを図るものです。
加齢で下垂したバストや出産や授乳によりバストが崩れてしまった方、
仕事が忙しくて医療バッグ挿入術後のマッサージをするのが面倒といった方に向いています。
ダイエットでバストが小さくしぼんだ方のほか、バストが大きすぎて肩が凝る、
大きすぎるバストを目立たないようにしたいという方も含め形の良いバストを作れるのがメリットです。
デメリットとしては全身麻酔が必要な手術になるため、1日~2日程度の入院が必要になります。
また抜糸のために1週間程度してから再来院する必要があります。
遠方から有名な美容形成外科に頼ってきたといった場合は、交通費などコストがかかります。