さまざまの種類の中から自分自身にあった手術を選ぶ

代表的な医療バッグ挿入を筆頭に手術にはいろんな方法があります

バストアップして女優のような官能的な体を手に入れる

サイズも形も柔らかさも諦めない。理想のすべてを欲張りに手に入れる

どれが一番自分に合う種類なのかを知りましょう

各手術法の概要をご紹介します

バストアップの手術は種類がこんなに!
バストアップのための豊胸手術には、美容形成外科やドクターごとに様々な方法がありますが、
代表的なものを見て行きましょう。
まずは最も多く利用される医療バッグ挿入。
これは生理食塩水やシリコンを素材にした医療バッグを胸に入れるものです。
女性の豊胸とは直接関係ありませんが、ニューハーフの方やオネエ系と呼ばれる方が、
胸を大きくするときに用いている方法としても有名ですね。
医療バッグ挿入にも幾つか方法があり、医師の技術や現在のバストの状態、
自然な仕上がりになるかなどに応じて採用されます。

乳腺下法は乳腺の下に医療バッグを挿入するもので、一番身体に負担が少ないと言われています。
乳腺を傷つけることがないので、出産による授乳にも影響を与えませんし、
柔らかな感触で仕上がりも自然です。
比較的バストが大きい方や、下垂が気になる方に向いています。

大胸筋下法は大胸筋の下に入れるもので、こちらも乳線に影響はありませんが、
医師の高度な技術が要求されます。
バストが小さい方や皮膚が薄い方、生理食塩水を入れたい方に向いています。
もう1つが大胸筋膜下法で、乳腺下法に比べ、さらに仕上がりが自然になります。
なお医療バッグは一度入れても取り外すことが可能です。

また、下垂したバストをリフトアップする手術として、
バストリフト術とか乳房拳上術と呼ばれる手術法があります。
下垂が軽度の場合は医療バッグ挿入で対応できますが、下垂が重度の場合に用いられる方法です。
乳頭の周りのタルミや余分な皮膚を取り除き、乳輪と乳頭をバランスのいい位置に移動させることで、
バストアップを図る方法です。

次に脂肪注入法がありますが、これは自分のお腹や太ももなどの脂肪を吸引し、洗浄を施して脂肪を選別し、
良い状態の脂肪をバストに注入するものです。
この方法により脂肪が気になる部分をホッソリとさせ、バストアップするという一石二鳥の手術が可能になります。
自分の脂肪を入れるため感触は自然な仕上がりになり、術後の回復も1ヶ月程度と比較的早いのが特徴です。
ただし脂肪を注入した分が全てアップ率となるのではなく、脂肪がいかに定着するかにかかってきます。
一般的に注入した脂肪の50%程度のアップが期待できます。

そして、ヒアルロン酸注入におるプチ豊胸術もあります。
バスト専用の特別なヒアルロン酸であるヒアルエイドを用います。
手術ではなく注射なので気軽なうえ、およそ20分程度でバストアップできます。
注入によるバストアップ効果は1年から2年で、その期間が経過すると元のサイズに戻ってしまいます。